いま、メタバースや昆虫食について

言われるようになってきました。



なぜ、このようなことが進められているのでしょうか。


銀河


20年後、30年後にむけてどのような計画が薦められているのか、

水面にまだ隠れているものについては、ネットやYoutube、

SNSで情報を得るのは
難しいかもしれません。






メタバースや昆虫食を含め、未来の宇宙計画など、

より正確な情報を取りに行く場合は、

5次元周波数言語で5次元情報を見に行くと

かなり正確な情報を得ることができるような気がします。





そのような話を直に聞ける人脈がある方は、

そこからまだ隠れている情報を得ることができると思いますが、



ない場合は、

直に5次元情報にアクセス

してみるといいと思います。







現時点では、ブログで公に書けることは限られていますが、

ひとつだけいえることは、

メタバースや昆虫食は、


火星移住など、

宇宙進出の前段階のテスト

のようです。




メタバースや昆虫食は、

宇宙空間で人が生きるための循環

に関する入口に過ぎないようです。







これから、火星移住計画に向けて、

少しずつ教育や意識変化をしていくそうです。








5次元意識の準備が整っていなうちは

各方面ですすめられている計画を聞いたとして、

闇側とか光側とか、どっち側などの?など、

自分の知る範囲のレッテルで決めつけたがったり、

単純な2つの見方になりかねないように感じます。






物事には、
360度の見方があり、

単純だけど、いろいろなものが複雑に多重交差していることがあります。









闇も光も超えたところに見えてくるものがある


ように感じます。







今回は、すごく普遍的な表現になってしまいましたが、

いまブログではここまでが精いっぱいです。




少しの情報ですが、感化して、

文脈のエネルギーから何かを感じ取っていただければと思います








今後、5次元周波数言語で得た情報を、淡々と直接お伝えする

WSやお話会などができたらいいな、と思います。













お読みいただきありがとうございます。
サラ