自然なものを使うことで、

人が本来の五感や本能を取り戻すことができるように思います。




自分は家で使っているシャンプーや洗剤などは、

添加物の入っていないものを使っています。



DSC_0736_20211103215203



今は香害という言葉がありますが、

人工的な添加物の香りが苦手なので、

香りのないもや、自然由来の香りのものを選んでいます。




最初に香害について考えるようになったのは、

小学生の集団登校に出会った時でした。



子供たちが通り過ぎるときに、

むせかえるような柔軟剤の香りが漂っていました。



ある日、はるか300m先の子供たちから、

風に乗って濃厚な人工香料の匂いが漂ってきたとき、

教室の密閉空間で、この化学物質を吸い続ける子供たちの将来は、

大丈夫なのだろうか、と思いました。





そして、
駅に行くまでの道に、保育園があるのですが、

保育園の庭に干してあるタオルなどの洗濯物から、

強烈な柔軟剤の香りがしました。

幼い子供たちは大丈夫なだろうか、と感じました。








自然由来のシャンプーや石鹸などを、

使うようになってだいぶたちますが、

本来備わっている五感が戻ってきたような気がします。




また、自然なものを使っていると、

人工的なマイク〇カプセルなどにさらに敏感になってきました。





自然由来のシャンプーやコンディショナーなどは、

日本のものを探すのが難しくて、

海外のものを使っていたのですが、

最近では、日本で作っている無添加の自然由来のものが

手に入るようになったので、今は日本のものを使っています。




本当に日本では、自然由来のものを探すのが難しいのです。



DSC_0013_20211103212109_20211103212715 (1)




最近、化学物質過敏症という言葉を目にすることが増えました。



化学物質過敏症について自分で調べていくうちに、



化学物質過敏症は、

洗剤の中にあるマイク〇カプセルが、

付着している服を着ている人の近くによると、

命に関わる症状があらわれ、

ひどい場合は、生きるか死ぬかの状態になることもあるそうです。






また、人がつけている人工的な香水の揮発に触れると、

皮膚が大変なことになったりします。




人が多い場所には行けませんし、

スーパーや、薬局に行くのも難しい生活をされています。




ネットで自然由来の無添加のものを買っても、

その商品が人工香料のものと一緒の場所で保管されていた場合、

せっかく自然由来の無添加なものを買ったのに、

容器にマイク〇カプセルが付着していると、

使うことができなることもあります。







自分の場合は、症状が出ることはなく、

匂いを我慢すればいいので、仕方がないと思うだけでしが、

世の中には命にかかわる方がいると知り驚きました。




その日のうちに自分の家にある洗剤などをすべて見直しました。



ひとつだけ、たまに使っていた、

自宅でクリーニングができる液体洗剤があったのですが、

探したら海外のもので、無添加・無香料のもがあったので、

今はそちらを使っています。



DSC_0168_20211103215208




集団登校の子供たちの柔軟剤の香りの強さに驚きましたが、

子供たちが、

保育園、小学校、中学校、高校、専門学校、大学と、

教室という密閉空間で吸い続けたら、

将来的に、どうなるのでしょうか。




少しずつ、意識をかたむけていただく

流れになっていければと感じます。





そして、命に関わるほど、

人工香料や、添加物に苦しんでいる方がいるのを

知りませんでした。




知ってとても驚きました。




知ってから、人工的なものをやめて、

自然なものを使う選択をしました。






化学物質過敏症の方に出会った時のために、

家全体に毎日EMをまいて、

家の空気から、根本的に変えることにしたのです。











いろいろな商品の中から

おひとりひとりが

どのような選択をしていくのか、

どのようなものを買うのかが、

これからの日本の流れを作っていく

ことになるのではないか、

と感じました。










地球にも体にもやさしい、自然なものを使うことで、

地球にシンクロ、グラウンディングして、

地球と宇宙と自然に繋がり、




ひとの五感や本能を取り戻していくことが、

できるような気がします。










お読みいただきありがとうございます
サラ