「人は神なんだ」なんとなく感じてはいました。

でもはっきりと「そうなんだ」と心からわかった時があります。




はじまりは奴奈川姫、エジプトのイシス女神、八坂刀売神、スサノオと対話する時、

神々は、毎回わたしの事を「サラの神」と呼びます。

これジョークではなく、ほんとなんです



ここまで読んで「ちょっとこの人頭大丈夫!?」と感じた方も、

もう少し我慢して読んでいただきたい!





神様にも次元があります。

例えばエジプトのイシス女神でいうと、


5次元のイシス女神もいれば、7次元のイシス女神、

9次元、13次元...、29次元...のイシス女神が存在します。

ある次元以上の神々と対話した時に、それが起こりました。




CIMG3343


正直はじめは「えっ?わたしを神と呼んだ!?恐れ多くて恥ずかしいんですけど...」

と思っていました。


でも、それはわたしに限ったことではなく、

神々は、他の人のことも「〇〇〇の神」とおっしゃいます。

また、たまに縁のある宇宙人と交信する時も「サラの神」と呼ばれる時があります。



おととし、山水治夫さんの菊裡姫ツアーで白山神社に行った時に、

思い出深いエピソードがありました。



白山神社の境内に入った時に菊裡姫が

「山水治夫の神と、神ご一行(ツアー参加の方々)ようこそお越しくださいましたわ」

とみんなを迎えてくださいました。

あの時は歓迎の気持ちがうれしかったです。



DSC_0805


人を呼ぶときに〇〇さんと言うように、

神が私たち人の事を「〇〇神」と自然に呼んでくれるので、


もう人は神なんだと気付くしかないですよね。


だって、神様達が私たち人を「神」って呼んでんですから。







私たち人は神です。





地球はすでに5次元になっていますので、

その隠されてきた事実を、万人が気付く周波数になっています。





サラ