地球は、出身惑星、性格・考え方、生き方などが異なっている人同士が、
お互いにゆずりあって尊重しあい調和していこうとする世界になっていっています。

周波数が細かく、愛と光に満ち溢れ、とても心地よい高次元世界です。
その場所はすごく居心地がよく、ハワイの海のように凪いでいます。


bd7d732c-s


この高次元世界に行くためには、過去の憎しみや悲しみ、恥じ、妬みや恨みなどの重い感情をギリギリまで昇華して削ぎ落さないと到達することが難しいのかもしれません。

人から受けたもの、自分でつくってしまったもの、思い出しては怒ったり憎しみを呼び覚ましたりしていると、純粋な宇宙根源の瀬織津姫の水領域には触れることができません。

純粋な領域にシンクロできる純粋な想いが辿り着くことが出来るのだと思います。


地球は水の時代になりました。水の女神・瀬織津姫の時代がやっとやってきたのです。
みんなが同じ宇宙の水から生まれてきたことを思い出す時代が来たのです。


その純粋な水の周波数とアクセスするには、心も魂も純粋なものに持っていく必要があります。
もし少しでも純粋になりたいとシンパシーを感じるならは、いろいろ言い訳をいって結局「できない」ではなくて、やらなきゃならないことなのだと思います。


人、過去、現実の自分、理想とかけ離れた現状、希望のない未来への嘆き・・・・
理由をつけて恨み事ばかり言っている状態では純粋な瀬織津姫領域には触れるのは難しいと、個人的には感じます。

もちろん、その時々で感じてしまうネガティブな感情はあると思います。
人なのでネガティブな感情があるのは当たり前だとおもいます。


f3aa4cdc-s


一回すべての過去のネガティブな感情をストイックに削ぎ落していけるとこまで行くと、その先に見えてくるものがあって、一回到達すると、また心がネガティブに染まっても根源意識に浮上出来やすくなります。


ネガティブな感情を極限まで削ぎ落す過程で「自分の感情が無くなってしまうのではないか」と言う恐怖感が生まれます。人ではなくなるのが怖くなるような、すべてが0(無・ゼロ)になる感覚です。

思い切ってその一線を越えると次第に「宇宙と融合」していきます。


宇宙と融合することで、悲しみや苦しみが無くなる代わりに、楽しいのも嬉しいのも無くなっていきます。




でもそのあとに、宇宙の全ての喜びが自分の喜びに変り、宇宙の全ての苦しみが自分の苦しみに変わります。

そして、聖なるものの中に大いなる『愛』が存在するのと同様に、魔なるものの中にも大いなる『愛』があることを知るのです。

魔の愛が、聖なる愛と全く同じであることを体感します。
聖も魔も、やり方、考え方、伝え方が違うだけで、愛の本質は一つです。

ただ同じ一つの愛に気付くまでに、聖と魔どちらの周波数を通るのかを、自分自身で選択しているだけなのです。

魔の愛も本質は純粋なので、愛に行きつくまでがどんなに残酷で過酷な事でも一人でも多くの魂を必死で引き入れるのです。



CIMG3066


私たちは(宇宙からの転生者)は、すべての現実を細かく設定して地球に転生してきている人が多くいます。

私もその一人です。
地球に転生する前にシリウスで人生をリアルバーチャル体験しています。
これまでシリウスのバーチャル体験が今世ではデジャヴとして現れることが多かったです。


よく聞く言葉ですが、
私たちは転生する前に自分でシナリオを描いて、地球で演じているページェントの様な物かもしれません。


すべては自分が何を楽しみたくって、これからどの次元を生きたいかなので、
選択するのは自分自身なのです。

そして自分のした選択に良いも悪いもなどの優劣はありません。


たとえば
「凪いだココロがいいのなら、そのようになれるのです」




サラ