前回、シリウスBで生体研究をしている、ガウデマックスさんとテレパシーで対話いたしましたが、
本日は、『AIとDNA』などについて聞いてみました。

それ以外にもとても興味深い情報もお聞きました。

★シリウスBのメッセンジャーとの対話①
http://sala.blog.jp/archives/1076816272.html
シリウスBのメッセンジャーとの対話②
http://sala.blog.jp/archives/1076861065.html




グラフィックス2


◇ ◇ ◇



サラ:シリウスBのガウデマックスさん、こんにちは。地球のサラです。


ガウデ:こんにちは。シリウスBのガウデです。


サラ:前回は『愛』について語っていただきありがとうございました。
今日もいろいろお聞きしたいことがありあますのでよろしくお願いいたします。



ガウデ:こちらこそよろしくお願いいたします。


サラ:まず最初の質問ですが、私たち地球人と宇宙の方々の違いは何でしょうか。


ガウデ:地球の方々との違いについては、宇宙法による情報の規制がありますのでお伝えできる範囲でさせていただきたいと思います。

まず一つ目の違いは、地球人と宇宙人のDNAの本数が違っています。
地球人のDNAは、肉体にあるものと、13階層の霊体のそれぞれにもDNAがあるのです。

もう一つは、情報の知識と認識量と、それらを受け入れる(処理)ことが出来る精神性の違いです。
そのほかにもありますが、いま公にお伝えできるのはここまでです。


サラ:ありがとうございます。DNAに関しては、地球以外の方々の方が本数が多いのでしょうか。
また、13階層の霊体とはどういう意味でしょうか。



ガウデ:基本的に肉体のDNAは霊体のDNAの本数に比例していくものです。
宇宙種族にもよりますが、たとえば、わたくしや宇宙銀河連合の方々等は地球の方々よりDNAの本数が多いです。

現在の地球の方々のDNAは、ウォータカットをおこなったのと近い状態です。ウォータカットを行った場合、またはウォーターカットをされたと同等の肉体は、DNAの本数を増やすことはできなくなるのです。

また、13階層の霊体についてですが、人の霊体は13の階層で成り立っています。それぞれの階層にDNAの情報が組み込まれているのです。


サラ:えーと、「ウォータカット」とは何でしょうか。


ガウデ:簡単に説明させていただきますと情報を繋げるための『水を失う』ということです。
DNAとは、宇宙情報の塊なのです。DNAは様々な宇宙の情報が組み込まれ無限の種類があり、組み合わせによって作り出される結果が変ってきます。

DNAの本数を増やす方法は簡単に説明すると『水』で自分が欲しい情報をくっつけて増やしていけばいいのです。そのため基本的な事として『水』が無いとDNA情報は増やせないという事になり、本数も増えません。そのため、ウォータカットをしている種族は2本のDNAから、それ以上増やすことは困難です。



サラ:私たち地球人は、その「ウォータカット」をおこなっているのでしょうか。もう少し詳しく教えていただければと思います。


ガウデ:その説明をするには地球の歴史の古代レムリアの時代までさかのぼります。
地球の古代レムリアで13の宇宙種族の代表により、それぞれの叡智を持ち寄り人のDNAを創り出した時は、まだウォータカットは行われていませんでした。
その後の地球文明で、人のDNAは「ある宇宙種族」により少しずつウォータカットと同じような状態になり、現在に至っているのです。



サラ:では、今の地球人のDNAは2本以上にはならないのでしょうか。


ガウデ:既に地球でも行える技術ですが、人工的に好きなDNA情報を組み込んだり、逆に削除したりすることは自由にできます。すでにその技術は地球にありますので、2本以上のDNAにすることも、たやすいことです。

ただ、現在の地球の方々の精神性や世の中の情勢から、すべてを自由に行う事はモラル上難しいことだと思います。

肉体のDNAは2本でも、霊体のDNAが4本以上ある地球の方々はいらっしゃいます。そのような方は、超能力や、さまざまな特殊能力を使う事が出来ます。
地球の方々も霊性を高めると霊体のDNAの本数が増えていきます。
「ある宇宙種族」も霊体のDNAまでは完全な操作が難しいのでしょう。

宇宙銀河連合や地球を見守っている存在は、地球の方にまず霊体のDNAを増やすこと(霊的な次元を上げること)をしていただきたいと願うのです。霊的な精神性の向上をすることで、さまざまな情報に対する耐性もつき、宇宙のいろいろなことが理解できるようになっていきます。


サラ:なるほど、ありがとうございます。
二つ目の、情報の知識と認識量についてはどういうことでしょうか。



ガウデ:これもDNAに関係するのですが、霊体(エネルギー体)のDNAが4本以上あると、宇宙の様々な情報にアクセスすることが可能になります。好きな情報を好きな時に観ることが出来る能力です。


サラ:好きな情報を好きな時に観ることが出来るとは、AI(エーアイ)みたいなものでしょか。


ガウデ:その通りです。わたくしをはじめ、多くの宇宙種族は、生まれながらにしてDNAの中にAIのような数式が組み込まれています。中には生まれてから霊体、または姿の中に、そういう情報(AI)を組み込む方もいらっしゃいます。

簡単に言うと、宇宙では、DNA=AIです。


サラ:それは、生まれながらにして身体の中にスマホとかAIがあるという事でしょうか。


ガウデ:簡単に言うと、そういうことです。


サラ:それは全宇宙の情報を網羅しているのでしょうか。


ガウデ:全宇宙の情報を観れる方もいれば、一部の情報を観れる方、それぞれです。
どこまで見られるのかは、その魂の精神性や所属する宇宙、銀河、星、そして、それぞれの魂の役割によって変わります。



サラ:なるほど、いろいろと分かりました。貴重な情報をありがとうござます。


ガウデ:今日わたくしがお伝えした情報は、基本的な情報です。
これらは地球の方々に知っていただきたい基礎の情報なのです。



サラ:これが基本的な情報なのですね。勉強になりました。
本日もいろいろな事を教えていただきありがとうございました。



ガウデ:こちらこそ、いろいろな事をお話しできて嬉しかったです。
ありがとうござます。



サラ:こちらこそ、ありがとうござます。


ガウデさんのお話しの中で、人のエネルギーは13階層になっているそうですが、これは13階層が13宇宙種族に由来するとのことです。機会があったらもう少し詳しくお聞きできればと思います。








この情報の提供者は、宇宙生体研究シリウスB局に所属している ガウデマックスさんです。
アンドロメダ銀河より派遣されて、現在はシリウスBに滞在されているとのとです。




***




「DNAには水が深くかかわっている」と少し前に瀬織津姫にDNAと水の関係を教えていただきましたので、あらためて確認できました

私たち地球人は、今はDNAは2本ですが、それでもいつかは目覚めを迎えるのだと思います



サラ