新緑の北陸は最高の旅日和でした~!(*´▽`*)

DSC_1243


2019年6月1日~3日で、
山水治夫さんの奴奈川姫マニアックツアーが開催されました。

1日は晴天で、これからの旅が楽しいと祝福されているような良い天気です

DSC_1140


集合は北陸新幹線の糸魚川駅。

最初の日は、奴奈川姫産所にGO!
ここは、6年前の第一回奴奈川姫ツアーでも来た場所です。
久しぶりにここにきて、6年前の事などを思い出しながら、参拝をしました。

DSC_1145



6年前と言えば、空にUFOを見ては一喜一憂していたころです。

丑三つ時の真夜中、「急いで外にでてください」と頭の中に声が聞こえ、
外に行ってみると、夜空に隕石の様な閃光が尾をひいて真一文字に光っていました。
その他、寝ている時に宇宙人が部屋に来るなど、落ち着かない日を過ごしていたのです。

恥ずかしながら、そういうものに一喜一憂し、
自分が特別になったような気がしていた時期でもあります。

6年前の奴奈川姫ツアーを終えたぐらいから、
もうそういうのに振り回されたくない、と思って、
UFOとか宇宙人との接触を願わなくなりました。

これからは、「自然でいこう」と思いはじめたのもこのころでした。

(※UFOを見たり感じたり、意識するのが悪いわけではなりません。
わたしの場合はそれに過剰に振り回されたり優越感を感じたりしてしまって、
バランスが良くない状態でした)


DSC_1218


次は、新潟の天津神社へ向かいます。
ここの奴奈川姫神社は最新本の表紙にもなっています。


初日の最後は、翡翠峡へ。
巨大な翡翠がゴロッと転がっていて圧巻でした。
しばしの間、みんなで翡翠を探しました♪

DSC_1165


翌日は、朝一番に福来口へ。
福来口の洞窟は奴奈川姫が過ごしたと言われている洞窟がある場所です。
その重要な地で、みんなで『奴奈川姫』(山水治夫作詞作曲)を歌いました。

DSC_1191


その後、ラベンダービーチで姫川薬石を拾いました♪
6年前は沢山あったのですが、今は数が少なくなっている印象です。


その後幾つか奴奈川姫に縁のある場所を巡って、富山の温泉宿へ。



最終日は、瀬織津姫、奴奈川姫の神社を参拝し、
おわら風の盆で有名な越中八尾町に寄りました。

日本の伝統を守って、いまも続いているおわら風の盆。
街も情緒があって、とてもきれいなところでした。


最終日の〆は、「月の音」でのランチコンサート。
ヤンズさんのピアノの音にみなさん感動されていました。


DSC_1250



ランチ時なので、一般のお客様もいらっしゃいましたが、
ぐずりだした赤ちゃんが、ヤンズさんのピアノを聞いて静かになりました(^^♪
参加者の方が、「赤ちゃんも安らぐ音色なのですね♪♪♪」
と言っていました


DSC_1252
瀬織津姫Caféの看板は、主催のTAKUMIさん作成



奴奈川姫の神社で、みんなで濃厚な甘い香りを感じました。

甘い香りを胸いっぱいになるまで吸い込み、何度も深呼吸をします。
甘い香りを吸い込むことで、心と身体に変化が現れます。


神香は大いなる宇宙からの祝福の意味もありますが、
甘い香りを身体に取り込むことで覚醒をうながす効果があります。


甘い香りを感じ始める第一段階は、穢れを浮き彫りにして祓い清める効果があります。そして煩悩と神聖な心のバランスを整えてくれます。

第二段階は、波動を上げ、心と身体をポジティブにする効果があります。そして更なる祓い浄めをうながし、日々内省する大切さを感じはじめ、心の脂肪を削ぎ落していきます。

第三段階は、地球と宇宙と自分の調和をうながしてくれます。大いなる宇宙とは何か、そして自分が何者かを知ることになります。



素晴らしい奴奈川姫の旅でした♪


サラ