私がチャネリングを始めた初期の段階で、
守護霊に教えてもらった事をシェア致します


血のお話しをしますが、魔術などのお話しではありません
今回も非常にマニアックな内容になります。





CIMG1583




チャネリングやリーディングの技術のひとつに、
体内の血のエネルギーを使う方法があります。

この方法は、体内の血と外部エネルギーを繋げて情報を読み取る方法です。
(皮膚を切ったり、意図的に血を流したりはしません)

血の霊的高エネルギーを転化する方法なので、もしかしたら、錬金術に近いのかも知れません。

私の守護霊の情報では、特に超古代の出雲系巫女はこの方法を使用していた方が多いそうです。
北欧系の一部の魔女も同じ方法を使用していたそうです。
(血のエネルギーを使用することが決して悪い事ではありませんが、何事も塩梅が大切だと感じます。)



DSC_0809


血のエネルギー(体内の水分ではなく純粋な血のエネルギー)を使ってチャネリングなどを行うと、
得られる情報の精度は高く、しかも簡単に正確なのものを得やすくなります。

特に、人のリーディング、高次元とのやり取り等をする時に精度が高まりやすいです。(アカシックリーディングでは血のエネルギーは使いません)


弊害として、循環器系や婦人系(ホルモン系、重度貧血、子宮など)の病になりやすかったり、機能が弱くなったりするそうです。


自分がチャネリングを始めた時に、守護霊からの教えのひとつに、“体内の血のエネルギーを使用しすぎないように”というのがありました。医学的な根拠はありませんが、守護霊のこの教えを守ってこれまでやってきています。


今世での巫女寿命をすこしでも長く、そして健康で、しかも来世に影響があるような弊害を作らないように、きちんと何を媒体にして情報を得ているかを自覚する必要があります。


知らず知らずに血のエネルギーを使っていて、いつの間にか病気になっていた・・・いつの間にか心身に苦しみを抱えていた・・・ということが無いようにしていくことが大切かと思います。

現代でも巫女としての人材は貴重なので、できるだけ長く、心身を健康に保って活動をしていただけたら、と思います。


CIMG1986



血のエネルギーを使う以外でも様々な方法で情報を得ることはできます。

その方法の一部として、

①守護霊・指導靈などに聞く
②第6、7、8チャクラを使ったエネルギーリーディング
③体内の水分(血ではなく)を使ったリーディング
④オーラを使ったリーディング
⑤チャクラの霊線を使ったリーディング
⑥リモートビューイングやエネルギービューイング

これ以外でも、いろいろな方法で情報を得ることはできますし、複数の方法を駆使してオリジナルリーディングを編み出してもいいでしょう。


今回お伝えしたいのは、血のエネルギーを使った方法は、精度が高く、正確かつ簡単な方法になりますが、使い方に気を付けて、今世での巫女人生を謳歌していただきたいと思い、情報をシェアさせていただきます。



+*+:*+*+:*+*+:*《告知です》+*+:*+*+:*+**+*+:


サラ・トヴァイアスさん 今度は北海道‼
帯広、札幌にて 宇宙語ワークショップ開催決定!!

『 宇宙の言の葉∞愛と光のランゲージWS & コズミックハーモニクスヒーリング 』
~楽しく宇宙と対話して宇宙からのメッセージを受け取り潜在意識にアプローチしよう~

※人気シリーズにつき、お早目にお申込みくださいませ。増席はありません。
※1/27札幌は満席となりました。キャンセル待ちを承ります。
※1/26帯広は満席となりました。

【詳細&お申込み】:瀬織津姫出版
●帯広会場、札幌会場共に下記のサイトよりお申込みください。
https://www.seoritsuhime.com/session/






感謝を込めて∞サラ