月讀命は宇宙の“働き”を示しています。

スサノオは太陽系の地球の“振動の働き”を示しています。

スサノオは神名として伝わっていますが、地球振動の働きを司る役割があります。


DSC_0279


何百億年も前にスサノオのクリスタル振動(働き)が地球に飛来しました。

スサノオの振動は惑星地球を精妙に振動させて高次元意識を保つ働きがあります。

しかし、この振動は次第に鈍くなり、精妙な振動を発することが難しくなってしまいました。


古代の地球人の魂はスサノオの振動に助けられて、磨き上げられていた部分がありますので、

振動の働きが鈍ると、人の魂の研磨も鈍くなっていきます。


スサノオの振動律が鈍くなった理由はいくつかあります。



その一つに、スサノオ振動の経絡はいにしえの人々の結界術によって、

完全に抑えられてしまったので、現在では、良くわからない、

なかなか見えにくい神として扱われています。

いにしえの結界は、下から上に向かって解いていくので

いろいろ順番があるようです。






スサノオの働きを取り戻すには、

もともとの振動を発生させて、

その振動を呼び水にして元に戻す必要があります。


まさに調律ではないでしょうか。

今回山水治夫さんがスサノオツアーをする理由はここにあります。





カード2グラフィックス1

好評いただいております
瀬織津姫と饒速日命カード 

シュリアス山水 

固定リンクhttp://amzn.asia/cz6Ocxx





感謝を込めて∞サラ








※10月に瀬織津姫出版主催で第2回リーディング、11月に初・宇宙語ワークショップ(仮題)の開催が決定いたしました。お申込み、お問合せは瀬織津姫出版になります。詳細はブログなどで告知いたしますので、宜しくお願い致します。