深い内省や瞑想をすると身体の構造と宇宙のことがなんとなくわかってきます。

宇宙のお話しが続いていますが、

今回も、宇宙の話をさせていただきたいと思います。



理解できるとか出来ないとか、難しいことは考えないで、

ぜひ気軽な気持ち、感じる気持ちで読んでいただければと思います





CIMG1786








どんなものでも『原子』があつまってできています。


そして、原子は、“電子”と“原子核“ というものにわけられて、


“電子”は地球が太陽を回るように、“原子核“の周りをまわっています。





原子




人の身体は原子が集まって、

骨や皮膚、内臓、筋肉は原子の密度やの配列によって形成されています。



太陽系




もし太陽系が宇宙の中の一つの“原子”だとしたら・・・

さらに銀河系が原子が集まって形成されているのだとしたら・・・

一体、宇宙は何をつくり、“私たちはどういう存在の一部”になるのでしょうか。



そして、宇宙はどれだけ無限∞なのでしょうか。






天の川






ここからは、ここ数か月、
「シリウス528 ~神々のイニシエーション」を聴いて
一音一音が発する振動を感じているうちに、
なんとなく気がついた原子の考えを、
自分の宇宙守護霊に答え合せしてもらいました。


ひとつの感じ方になりますが、その内容をシェアをさせていただきます



~宇宙守護霊の話 答え合わせ~


『原子にも種類があります。個性もあります。

同じ種類の原子は互いに引き寄せい合います。



原子が発する音や振動、色、形もそれぞれ異なります。

原子にも感情や思考、好きな行動パターンもあります。

そして、同じものは引き合い、ある程度の塊を作っていきます。


特に音と振動は、森羅万象の鍵となるものでもあります。


例えば、地球で奏でる「シリウス528 ~神々のイニシエーション」と、

平行する別次元の宇宙で「シリウス528 ~神々のイニシエーション」を

奏でている人々の原子が共鳴しているということです。

(※別次元の宇宙で全く同じ音楽が、
山水さんに縁のある存在によって作成され奏でられているそうです)



振動は、距離・時間・空間は関係なく共鳴します。

この音楽の作曲家(山水治夫さん)は音を人の原子に響かせ、

“原子の振動倍音”として宇宙に響かせ、

振動を発信していくことを、

意図のひとつとして、音を作り上げています。



そして高次元の音と振動は、

並行する高次元宇宙の存在と螺旋を描きながら、

“ひかれ合い、繋がっていきます”



人は超古代から、うたを歌い、踊り、

楽器を奏で、音を発し、

振動をどこかに向けて発信しているのです。


“原子の個性”による本能によって...』







次はブッダのお話し


CIMG4581




最後に、インドのブッタの話になりますが、
ブッタは、自分のことは棚に上げて人の文句ばかり言っている弟子に次のように語っています。


「正しい瞑想と適切な肉体の鍛錬の継続で、人は無我の境地に至ることができるでしょう。己を知ることは、おのれの原子レベルまで知ることも含まれています。あなたは、いまだ己を知らずして、人の何がわかるのでしょうか。謙虚になりなさい。」

(※上記のブッダの言葉はアカシック記録(宇宙図書館の記録)から抽出させていただいた言葉です。)









『シリウス528 ~神々のイニシエーション』
山水治夫
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B077RWWYTB

25550166_1384824851639842_6380645075806794158_n





『瀬織津姫と饒速日命カード 』絶賛発売中です(*^▽^*)
企画・監修・文/シュリアス山水
メッセージ解説/サラ・トヴァイアス
イラスト/つきあかり

Amazon http://amzn.asia/7mZ9KTl

カード2グラフィックス1


感謝を込めて∞サラ