念が強い人 念が弱い人

いろんな人がいます。

念が強い人が強烈に極悪なことを念じてると、

その念は身体から離れて、地球大気に薄く広がっていきます。

なさ
(画像 NASA)


以前、自分の指導霊さまに言われたことがあります。



「あなたが地球環境にやさしくありたいのであれば、

感情のままに放つ強烈な想念を停止させてください。

あなたの悪想念は地球大気に放たれているのですよ。」




嫉妬、恐れ、恥じ、怒り、など...

ネガティブ思考のループをぐるぐるし始めると、


指導霊さまから


「その思考、停止~!」


と指導がはいります。




一応、修行の一貫と言われていたので、

思考停止の指導が入った瞬間「ピタッ」と考えることを止めます。

“考えることを止めると考えることも”ストップします。




地球環境を考える時、公害や排ガスなどの大気汚染、

廃棄などの環境汚染などがあります。

目に見えない邪悪な想念を地球大気に放つことも、

環境汚染と同じではないか、、と個人的に感じています。



生きてれば、

苦しい事や悔しい事もあるし、

他と比べて劣っていると思い込んで恥じ入る気持ちを

感じることもあるかもしれません。



心の荒波は、他と自分を比べることによって生じることが多いです。



ほかの人とは、地球に生まれた意味、目的、

学び、影響する出身惑星・銀河.....すべてが違うのです。

そもそも比較はできないと思います。



固執しないと、生きるのが楽になります。

楽に生きたいと望むのであれば “地球競争” から離脱することだと思います。
(意識の離脱)


そもそも、地球の競争意識は、地球特有の概念なので、

“各惑星から派遣され地球に生まれた魂”には合わないのかもしれません。

それを知って上でいきるのと、全く知らないで生きるのとでは、

“地球に生きる”楽しさも変わってくるのではないでしょうか。



例えば、
シリウス、北斗七星、南十字星、
ぎょしゃ座、スピカ、ベガ、へびつかい座 


その他の銀河etc...から地球に派遣されてきた魂は、

地球の肉体を借りて、家を借りて、食料を得て、

地球で築いたかりそめの地位・立場を借り、

太陽のエネルギーをいただいて、

ほんの一時、地球で生活をしています。

地球の素材を拝借し、生きています。


そして、借りたものはすべて返却して地球人生を終えます。

出身惑星に持って帰れるものは、主に魂に刻んだ意識データになると思います。









でも、あまり いらない思考を削ぎ落してしまうと人らしくなくなってしまうし、

面白くないので、ほどほどがいいのではないかと思います

せっかく地球に生きているので♪







感謝を込めて∞サラ