2016年はイエスさまの初夢をみました。

~備忘録&シェア

夢の中のイエスさまは、

白い厚手の布を身にまとい、

乾いた砂の土地の上で人々に教えを説いていました。

イエスさまが身に纏っている厚手の白い布は、

近くで良く見ると汗と砂漠の埃でクリーム色になっていましたが、

イエスさまの輝きで真っ白に光って見えました。


人々は乾いた石の上に腰掛けイエスさまの教えを聞き、

イエスさまは一人ひとりの眼をみて、お話されています。


イエスさまは、白い布の服以外、
なにも身に着けていませんでした。

そして人びとの前でおっしゃいました。


「地球に生まれたもの、生を受けたものは、

地球がもつすべてのものを身体に所有している。

黄金(金)やダイヤモンド(炭素)は人の身体を構成する元素でもある。

人はなぜ 自分以外の外に黄金やダイヤモンドを求めるのか。

人の中には全てが備わっており、満たされている。

自分の中に既に宝があることを知りなさい。


黄金やダイヤモンドにも及ばない霊を感じなさい。

宇宙の絶対なるお方や地球はすべてを人にお与えになっている。


欲に目がくらむ人よ、これ以上 何が必要なのか。

胸に手をあてて良く考えてみなさい。

宇宙の絶対なるお方の子である私の姿を観れば、

宇宙の絶対なるお方がわかるのです。」


イエスさまは、白い布だけを身に着けそれ以外はなにも持っていませんでした。
ただただ、光に満ち愛に満ち、慈悲のオーラをお持ちでした。

ゆめとして(*^_^*)



イエスさまのことばに感謝をこめて∞サラ